「Surface Pro 4」「Surface Book」のどっちを買えばいいんだ。「Surface Pro 4」「Surface Book」の違いを整理して日本発売に備えます。

2016-01-14
2015/10/6にマイクロソフト社より、新しいSurfaceが発表されました。
「Surface Pro 4」が発表されることは予想されていましたが、ノートPCに位置付けられる「Surface Book」も同時に発表されました。

「Surface Pro」シリーズは、世代を重ねてかなり進化してきたので、次世代でそろそろ買いごろかとその発表を心待ちにしていましたが、予想外にも「Surface Book」というノートPCも公表されてしまいました。

「Surface Pro 4」を購入するかわりに「Surface Book」を購入するという選択肢も出てきました。

では、「Surface Pro 4」と「Surface Book」はどこがどう違うのか、公表されている情報を整理して、来るべき日本発売に備えたいと思います。

※2015/10/22更新 「Surface Pro 4」は、2015/11/12発売(10/23より予約開始)
※2015/11/11更新 「Surface Pro 4」向けアクセサリの販売価格追加
※2016/1/14更新 「Surface Book」は、2016/2/4発売(1/14より予約開始)



・「Surface Book」「Surface Pro 4」(ついでに「Surface Pro 3」)のスペック等比較
  Surface Book Surface Pro 4 Surface Pro 3
システム情報 プロセッサ Core i5
Core i7
Core m3
Core i5
Core i7
Core i3-4020Y
Core i5-4300U
Core i7-4650U
グラフィックス HD graphics 520
NVIDIA GeForce
HD graphics 515
HD graphics 520
Iris graphics
HD Graphics 4400
HD Graphics 5000
RAM 8GB
16GB
8GB
16GB
4GB
8GB
ストレージ 128GB/256GB
512GB/1TB
128GB/256GB
512GB/1TB
64GB/128GB
256GB/512GB
OS Windows 10 Pro Windows 10 Pro Windows 8.1 Pro
ディスプレイ サイズ 13.5インチ
12.3インチ
12.0インチ
解像度 3,000×2,000 2,736×1,824 2,160×1,440
外装 サイズ 232.1(H)×312.3(W)
×13.0~22.8(D)mm
201.4(H)×292.1(W)
×9.1(D)mm
201.4(H)×292.1(W)
×9.1(D)mm
重さ 約1516g 約786g 800g
外部接続 Bluetooth Ver.4.0 Ver.4.0 Ver.4.0
Wi-Fi規格 IEEE 802.11ac
/a/b/g/n
IEEE 802.11ac
/a/b/g/n
IEEE 802.11ac
/a/b/g/n
カメラ(背面) 有効画素数 約800万画素 約800万画素 約500万画素
カメラ(前面) 有効画素数 約500万画素 約500万画素 約500万画素
バッテリ 動画再生 最大12時間 最大9時間 最大9時間
ポート 本体側 Headset jack×1 USB 3.0×1
SD card ×1
SurfaceConnect×1
Mini DisplayPort×1
Headset jack×1
Cover port×1
USB 3.0×1
SD card ×1
Mini DisplayPort×1
Headset jack×1
Cover port×1
キーボード側 USB 3.0×2
SD card ×1
SurfaceConnect×1
Mini DisplayPort×1
販売価格 米国 1,699ドル*1 1,299ドル*1 1,299ドル*1
日本 249,800円
(2016/2/4)
179,800円
(2015/11/12)
157,800円*1*2
*1:256 GB / Intel i5 / 8GB RAM
*2:MicrosoftStore(日本)での現在の販売価格(税抜)※Windows 10 Pro

1.「Surface Book」と「Surface Pro 4」の大きな違い

1)キーボードが付属しているかしていないか。

「Surface Book」には、着脱式のキーボードが付属していて、タブレットとしてもノートPCとしても利用できるようになっています。
ただし、ほとんどのインターフェイス(USB、SDカード、ディスプレイ出力、Surfaceコネクト)は、キーボード側にあり、基本ノートPCとして利用されることを想定しているようです。ここが、「Surface Pro 4」との大きく違うところになります。

「Surface Pro 4」は、タブレットとして利用し、ノートPCのように使いたいなら、別売りのキーボード(Type Cover)を買ってねという考え方です。

性能を同じとした場合(Core i5/8G/256G)の価格は、
・「Surface Book」:1,699ドル(269,784円)
・「Surface Pro 4」:1,299ドル(194,184円) ※別売りType Cover:159.99ドル(17,712円)
となります。

2)大きさの違い

「Surface Book」と「Surface Pro 4」とでは、大きさが違います。大きさが違いと重さとか電池使用量とかに違いが出てきます。

重さは、少し小さい分キーボード部分を含めても「Surface Pro 4」が圧倒的に軽いです。いつも持ち歩いて屋外で使うことが多い場合は「Surface Pro 4」、たまにしか持ち出さずそれも室内で使うなら「Surface Book」というところでしょうか。

「Surface Book」の電池持ちがいいのは、本体部分とキーボード部分の両方に内蔵電池があるからです。

3)グラフックスの違い

ゲーマーとかには関係はありますが、そうでない方にはそれほど意味のない違いですが、「Surface Book」にはオプションとして「NVIDIA GeForce GPU」が用意されています。

2.「Surface Dock」について

「Surface Book」「Surface Pro 4」と同時に発表された「Surface Dock」が大いに気になります。
コンセプトは、「Surface Book」「Surface Pro 4」をデスクトップPCに変身させるというものです。

以下のポートを備えています。
・ディスプレイ出力(ミニ)×2
・有線LAN×1
・USB(3.0)×4
・オーディオ出力×1

※価格:199.99ドル

3.現時点での検討結果

1)自宅では、今あるデスクトップの替わりとして使いたい。(大きいディスプレイを使いたい)
2)自宅内のどこでも利用したい。
3)屋外で利用する想定はない。
4)自宅以外の室内で利用することはある。(持ち運びができればいい)
5)価格は安い方がいい。

①「Surface Pro 4」+「Surface Dock」+「Type Cover」:1,299ドル(194,184円)+199.99ドル(27,432円)+159.99ドル(17,712円)※合計:239,328円
②「Surface Book」+「Surface Dock」:1,699ドル(269,784円)+199.99ドル(27,432円)※297,216円

日本円にすると「Surface Book」の方が6万円弱お高くなるか。

結論は、実機を確認してからで持ち越しです。(2015/10/12)

★Surface Bookの日本販売価格(税込) 2016/1/14追加
surfacepro43_convert_20160114191848.png

★Surface Pro 4の日本販売価格(税込)
surfacepro41_convert_20151111123813.png

★Surface Pro 4 向けアクセサリの日本販売価格(税込)
surfacepro42_convert_20151111123852.png



-了-
カテゴリ :windows トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
当ブログ紹介アプリ(リンク)
■■記事一覧へ

◆ZenFone2の使い方
 ★ZenFone独自機能
  ・ZenMotion・View Flip Cover
  ・SnapView
  ・クイック設定
  ・ロック画面
 ★ASUS独自アプリ
  ・ASUS Launcher
  ・ASUS Browser
◆Tasker(タスカー)入門
・導入基礎編
・実践編(具体例10)
◆マルチブート(MultiROM)
・Nexus7(2012)
・HTC J Butterfly
◆root化(&ROM焼き)
・HTC J Butterfly
・Xperia UL SOL22
・Nexus7(2012)Lollipopバージョン
・Nexus7(2012)Kitkatバージョン
・HTC Desire HD(softbank 001HT)
・ASUS Eee Pad Transformer TF101
・Titanium Backup
◆ホームアプリの設定・使い方・カスタマイズ・比較
・Launcher8
・機能・設定・使い方徹底比較
 ・Nova Launcher Prime
 ・Apex Launcher Pro
・機能比較その3(nexus7)
 ・Nova Launcher
 ・Apex Launcher
 ・Holo Launcher HD
・ADW.Launcher
・Zeam Launcher
・Holo Launcher
・ssLauncher
・Lightning Launcher
・Launcher7
・Espier Launcher
・機能比較その1
 ・Zeam Launcher
 ・ssLauncher
 ・Lightning Launcher
 ・Launcher7
 ・ストイックホーム
 ・MXHome
・機能比較その2
 ・ストイックホーム
 ・DT Home
 ・ecohome

◆ホーム画面をスッキリさせるウィジェット
・Launcher-X(Free)
・Popup Widget
・InstaDock
・Folder Organizer lite

◆ライブ壁紙
・DIGI Clock Live Wallpaper Free

◆ホーム管理アプリ(ホーム切換え)
・Home Manager
・Home Switcher for Froyo

◆ドロワーアプリ(アプリ一覧表示)
・機能比較
 ・AppDrawer
 ・Organized Drawer
 ・Faster Drawer
 ・eyeLauncher

◆タスク切換え
・SwitchApps
・TaskSwitch

◆2chブラウザ
・2chMate
・2chGear
・En2ch
・機能比較

◆番外
・クレジットカードや銀行口座がなくてもアプリを購入する方法
・Vプリカ編
・ギフトカード編

他ブログリンク
月別アーカイブ
訪問者数(累計)

現在の訪問者数
現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示
カテゴリ
広告
◆2016 年 3 月 4 日 (金) より、Surface 新生活応援キャンペーンを実施しております。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

【2015年閲覧Top10】
(1)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その2)最初にすること-独自カスタマイズ編(前半)

(2)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その1)最初にすること-セットアップ・システム更新・アプリ更新編

(3)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その3)最初にすること-独自カスタマイズ編(後半)

(4) 【Nexus 7(2012)】『Nexus Root Toolkit v1.9.3』 を使ったroot化に挑戦(Kitkat編)

(5) 【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その8)最初にすること-ロック画面の設定について

(6)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(7) 【Nexus 7(2012)】root化したNexus7(Kitkat)にLollipopへのアップデートをして再びroot化してみました。

(8)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(9)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その4) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUS Launcher」の使い方(前半:ホーム画面編)

(10)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その7) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUSブラウザ」の使い方(+「Chrome」との棲み分けについて)

【2014閲覧トップ10】
(1)Tasker(タスカー)で自宅に居ることを判定する方法について、いろいろと試してたどり着いた結果、State Context「Wifi Near」を利用することにしました。

(2)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(3) AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-ドロワー編-

(4)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(5)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(6)【HTC Desire HD】(001HT)root化手順<unlock⇒flash Recovery⇒flash SuperSU>(1)-準備・知識習得編-

(7)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(8)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(9)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(10)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第3回

2013年ブログランキング
(1)クレジットカードがないのであきらめていましたが、Vプリカを使って初めて「Google Play」からでAndroidアプリを購入してみました。

(2)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(3)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(4)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(5)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(6)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(7)進化(深化)し続けるホームアプリ「Lightning Launcher」は、定番系メジャー「Nova」「Apex」を超えたか!!(フォルダ編)

(8)Androidホームアプリ「Lightning Launcher 3」は意外と奥の深いが慣れると非常に使いやすいホームアプリかも(Lightning Launcherの使い方1)

(9)ホーム画面をiPhone/iPad風に変えられて、さらにウィジェットも配置できる「Espier Launcher」はAndroidアプリの凄さの証明?!

(10)老舗の定番ホームアプリ「ADW.Launcher」が満を持して、ドロワーでのカテゴリ分けに優れたICSスタイルにメジャーアップデートしました。-第1回スクリーン編-