【Windows phone】『Windows 10 mobile』の使い方 最初にした方がいいこと(その2)《アクションセンターとナビゲーションバー》

2016-01-13
※以下の記事は【KATANA02】を使用したものです。

Android端末やiPhone端末とは、その設定や操作方法にやはり違う部分が多々あるので、いろいろ慣れるまでは戸惑うかもしれません。

今回は、
アクションセンターの使い方と設定
・ナビゲーションバーの使い方
・アクティベート直後に行ったほうがいい必須の設定
について、紹介します。

※キーボードの設定と使い方はこちらを参照してください。

Ⅰ.アクションセンターの使い方と設定

アクションセンターは、画面外から下にスワイプすると表示することができます。もう一度スワイプ(または「展開」をタップ)するとフルバージョンで表示できます。
アクションセンターは、(クイック)アクションと通知で構成されています。
(バーテリーの残量と日付も表示されます)

アクションセンター(フルバージョン)
w10p201_convert_20160113105411.png
アクションセンター(クイックアクション)
w10p202s_convert_20160113105457.png

1.(クイック)アクションの機能

タイルをタップしたときと長押ししたときの機能が割り当てられています。
主に、その機能のON/OFFやその機能の設定画面へのショートカット機能が割り当てられています。

1)接続:《タップ》ワイヤレスディスプレイ/オーディオ接続 画面へ 《長押し》※タップと同じ

2)バッテリー節約機能:《タップ》バッテリー節約機能のON/OFF 《長押し》バッテリー節約機能の設定画面へ(設定⇒バッテリー節約機能のショートカット)

3)懐中電灯:《タップ》懐中電灯のON/OFF 《長押し》ロック画面へ

4)ノート:《タップ》OneNote起動 《長押し》※タップと同じ

5)VPN:《タップ》VPNの設定画面へ 《長押し》※タップと同じ

6)位置情報:《タップ》位置情報のON/OFF 《長押し》位置情報の設定画面へ(設定⇒プライバシー⇒位置情報のショートカット)

7)機内モード:《タップ》機内モードのON/OFF 《長押し》機内モードの設定画面へ(設定⇒ネットワークとワイヤレス⇒機内モードのショートカット)

8)明るさ:《タップ》自動⇒25%⇒50%⇒75%⇒100%の切り換え 《長押し》ディスプレイの設定画面へ(設定⇒ディスプレイのショートカット)

9)カメラ:《タップ》カメラ起動 《長押し》(設定なし)

10)携帯データネットワーク:《タップ》携帯データネットワークのON/OFF 《長押し》携帯ネットワークとSIMの設定画面へ(設定⇒ネットワークとワイヤレス⇒携帯ネットワークとSIMのショートカット)

11)モバイルホットスポット:《タップ》(何もしない?) 《長押し》モバイルホットスポットの設定画面へ(設定⇒ネットワークとワイヤレス⇒モバイルホットスポットのショートカット)

12)非表示モード:《タップ》Cortana起動 《長押し》Cortanaの設定画面へ

13)Wi-Fi:《タップ》Wi-FiのON/OFF 《長押し》Wi-Fiの設定画面へ(設定⇒ネットワークとワイヤレス⇒Wi-Fiのショートカット)

14)Bluetooth:《タップ》BluetoothのON/OFF 《長押し》Bluetoothの設定画面へ(設定⇒デバイス⇒Bluetoothのショートカット)

15)回転ロック:《タップ》回転ロックのON/OFF 《長押し》(設定なし)

16)すべての設定:《タップ》設定画面へ 《長押し》※タップと同じ

2.クイックアクションのカスタマイズ

クイックアクション(最初のスワイプで表示される4つのアクション)は、カスタマイズできるので、使用頻度多いものに変更てみましょう。

・『通知とアクション』設定画面 (設定⇒システム⇒通知とアクションで表示)
w10p203_convert_20160113112620.png
1)変更したいクイックアクションのボタンをタップします。

2)ホップアップのメニューが表示されるので、変更したいアクションを選択します。

・ホップアップメニュー
w10p204b_convert_20160113112700.png

3.通知の表示

・『通知とアクション』設定画面 (続き)
w10p205_convert_20160113113803.png
1)ロック画面において、アクションセンターを表示したときに「通知」も表示するかどうかの設定できます。

2)アプリごとに、「通知」するかの設定もできます。

※アクションセンター以外にも「通知」に関する設定ができます。
・ロック画面に「通知」を表示するかどうか。

※アクションセンターで「すべてをクリア」をタップすると通知は消去されます。

Ⅱ.ナビゲーションバーの使い方と設定

w10p206_convert_20160113120728.png
ナビゲーションバーは、左から「戻る」ボタン、「スタート」ボタン、「検索」ボタンで構成されています。

1.「戻る」ボタンの機能

1)タップ:一つ前の画面に戻ります。

2)長押し:現在実行中のアプリを画面に表示してくれます。

・現在実行中のアプリを表示した画面
w10p207_convert_20160113120748.png ・表示されたアプリの画面を下にスワイプするとアプリが終了できます。

・表示されたアプリの画面をタップするとそのアプリを画面全体に表示できます。

※Androidの「Recent Button」のタップ、iPhoneのホームボタンのダブルタップと同じ機能になります。

2.「スタート」ボタンの機能

1)タップ:スタート画面を表示します。

w10p209_convert_20160113124448.png

2)長押し:画面の上段が下の方にさがってきます。(片手で使うときに、画面の上側を操作するときに少し便利になります。)

3.「検索」ボタンの機能

1)タップ:「Cortana」が起動します。
w10p210b_convert_20160113124420.png

2)長押し:(何も起こりません)

4.ボタン以外のところの機能

1)タップ:(何も起こりません)

2)ダブルタップ:画面をOFFにすることができます。

・ロック画面の設定画面
w10p208_convert_20160113120807.png 非常に便利な機能ですが、デフォルトでは機能しないので、ロック画面の設定画面の一番下にある「ナビゲーションバーをダブルタップして画面をオフにする」を「オン」にする必要があります。

5.ナビゲーションバーが表示されていないときは
w10p211_convert_20160113125036.png
時々ナビゲーションバーが画面から消えてしまうことがありますが、画面外から上にスワイプすることでナビゲーションバーを表示することができるようになります。

Ⅲ.デフォルトから見直した方がいい設定

個人的な好みなので絶対ではありませんが、見直したほうがいいと思われる設定です。

1)画面オフまでの時間

・ロック画面の設定画面
w10p212_convert_20160113140331.png ・設定⇒パーソナル設定⇒ロック画面

画面オフまでの時間が、1分で短いと感じたら、「画面タイムアウト」をタップして、変えてみてください。
(ちょっとバリエーションが少ないですね)

2)画面の拡大

・拡大鏡の設定画面
w10p213_convert_20160113140349.png ・設定⇒簡単操作⇒拡大鏡

拡大表示を「オン」にします。

AndroidやiPhoneのように、2本指でのスワイプ(ズームアウト/ズームイン)で拡大/縮小はできませんが、2本指でダブルタップすることで画面の拡大/縮小はできます。
ただし、拡大率は一定で、その拡大率は変えることができます。

3)キータッチ音の消去

・サウンドの設定画面
w10p214_convert_20160113140409.png ・設定⇒パーソナル設定⇒サウンド

音で知らせるの「キータッチ」を「オフ」にします。
※バイブは消せないようです。


以上

関連記事
カテゴリ :Windows10 トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
当ブログ紹介アプリ(リンク)
■■記事一覧へ

◆ZenFone2の使い方
 ★ZenFone独自機能
  ・ZenMotion・View Flip Cover
  ・SnapView
  ・クイック設定
  ・ロック画面
 ★ASUS独自アプリ
  ・ASUS Launcher
  ・ASUS Browser
◆Tasker(タスカー)入門
・導入基礎編
・実践編(具体例10)
◆マルチブート(MultiROM)
・Nexus7(2012)
・HTC J Butterfly
◆root化(&ROM焼き)
・HTC J Butterfly
・Xperia UL SOL22
・Nexus7(2012)Lollipopバージョン
・Nexus7(2012)Kitkatバージョン
・HTC Desire HD(softbank 001HT)
・ASUS Eee Pad Transformer TF101
・Titanium Backup
◆ホームアプリの設定・使い方・カスタマイズ・比較
・Launcher8
・機能・設定・使い方徹底比較
 ・Nova Launcher Prime
 ・Apex Launcher Pro
・機能比較その3(nexus7)
 ・Nova Launcher
 ・Apex Launcher
 ・Holo Launcher HD
・ADW.Launcher
・Zeam Launcher
・Holo Launcher
・ssLauncher
・Lightning Launcher
・Launcher7
・Espier Launcher
・機能比較その1
 ・Zeam Launcher
 ・ssLauncher
 ・Lightning Launcher
 ・Launcher7
 ・ストイックホーム
 ・MXHome
・機能比較その2
 ・ストイックホーム
 ・DT Home
 ・ecohome

◆ホーム画面をスッキリさせるウィジェット
・Launcher-X(Free)
・Popup Widget
・InstaDock
・Folder Organizer lite

◆ライブ壁紙
・DIGI Clock Live Wallpaper Free

◆ホーム管理アプリ(ホーム切換え)
・Home Manager
・Home Switcher for Froyo

◆ドロワーアプリ(アプリ一覧表示)
・機能比較
 ・AppDrawer
 ・Organized Drawer
 ・Faster Drawer
 ・eyeLauncher

◆タスク切換え
・SwitchApps
・TaskSwitch

◆2chブラウザ
・2chMate
・2chGear
・En2ch
・機能比較

◆番外
・クレジットカードや銀行口座がなくてもアプリを購入する方法
・Vプリカ編
・ギフトカード編

他ブログリンク
月別アーカイブ
訪問者数(累計)

現在の訪問者数
現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示
カテゴリ
広告
◆2016 年 3 月 4 日 (金) より、Surface 新生活応援キャンペーンを実施しております。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

【2015年閲覧Top10】
(1)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その2)最初にすること-独自カスタマイズ編(前半)

(2)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その1)最初にすること-セットアップ・システム更新・アプリ更新編

(3)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その3)最初にすること-独自カスタマイズ編(後半)

(4) 【Nexus 7(2012)】『Nexus Root Toolkit v1.9.3』 を使ったroot化に挑戦(Kitkat編)

(5) 【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その8)最初にすること-ロック画面の設定について

(6)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(7) 【Nexus 7(2012)】root化したNexus7(Kitkat)にLollipopへのアップデートをして再びroot化してみました。

(8)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(9)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その4) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUS Launcher」の使い方(前半:ホーム画面編)

(10)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その7) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUSブラウザ」の使い方(+「Chrome」との棲み分けについて)

【2014閲覧トップ10】
(1)Tasker(タスカー)で自宅に居ることを判定する方法について、いろいろと試してたどり着いた結果、State Context「Wifi Near」を利用することにしました。

(2)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(3) AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-ドロワー編-

(4)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(5)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(6)【HTC Desire HD】(001HT)root化手順<unlock⇒flash Recovery⇒flash SuperSU>(1)-準備・知識習得編-

(7)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(8)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(9)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(10)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第3回

2013年ブログランキング
(1)クレジットカードがないのであきらめていましたが、Vプリカを使って初めて「Google Play」からでAndroidアプリを購入してみました。

(2)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(3)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(4)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(5)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(6)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(7)進化(深化)し続けるホームアプリ「Lightning Launcher」は、定番系メジャー「Nova」「Apex」を超えたか!!(フォルダ編)

(8)Androidホームアプリ「Lightning Launcher 3」は意外と奥の深いが慣れると非常に使いやすいホームアプリかも(Lightning Launcherの使い方1)

(9)ホーム画面をiPhone/iPad風に変えられて、さらにウィジェットも配置できる「Espier Launcher」はAndroidアプリの凄さの証明?!

(10)老舗の定番ホームアプリ「ADW.Launcher」が満を持して、ドロワーでのカテゴリ分けに優れたICSスタイルにメジャーアップデートしました。-第1回スクリーン編-