【Windows phone】『Windows 10 mobile』の使い方 GmailおよびGoogleカレンダーを利用できるようにする方法について

2016-01-16
※以下の記事は【KATANA02】を使用したものです。

Windows 10 mobile』の第一印象で、「Chrome」「Gmail」等のGoogle系アプリが存在していないということに気づきました。
もう一つのライバルであるiPhoneには、Androidで利用できるメジャーなアプリはほぼ提供されているというのに残念です。

Microsoftが提唱している「One Windows」がもっと普及すれば、もしかしたらGoogle系アプリも提供されるかもしれません。

現状、「Gmail」と「Googleカレンダー」と「Youtube」だけは、閲覧できるようなのでその方法を紹介していきます。

今回は、「Outlook」(メール・カレンダー)を使った「Gmail」と「Googleカレンダー」の閲覧方法です。
合わせて「Outlookメール」の設定についても付録として紹介して置きます。

※「Gmail」については、他の方法でも閲覧できるので、次の機会に紹介したいと思います。



Gmailは、「Outlookメール」を使って閲覧することができます。

1.アカウントの追加

w10p308_convert_20160115142003.png 1)「Outlookメール」を最初に起動したときの最初の画面に「+アカウントの追加」が表示されるのでタップします。

画面が「アカウントの選択」に変わります。

※アカウントの追加は、後でもできます。
・3ドットメニューボタンをタップ⇒「アカウントの管理」をタップ⇒アカウントの管理画面で「+アカウントの追加」をタップしてもOKです。
w10p309s_convert_20160115142917.png

・「アカウントの選択」画面
w10p301_convert_20160115100701.png 2)アカウントの選択画面で、「Google」をタップ
3)Googleアカウントのログイン画面でサインインします。
4)いろいろと許可をもとめられるので「許可」をタップ
5)完了の確認画面になるので「完了」をタップ

これでOutlookメール内でGmailが使えるようになります。

・許可を求められたもの
w10p310s_convert_20160115143715.png

2.メールの閲覧画面の設定

メールを閲覧する画面で、普段Gmailのどのフォルダーを優先的に閲覧するか設定します。

w10p302_convert_20160115102129.png 1)アカウントで「Gmail」をタップ
2)フォルダーから「受信トレイ」をタップ
これで、受信トレイが常に表示されるようになります。

※残念ながら、受信トレイのタブには対応していないようで、「ソーシャル」や「プロモーション」も同時に一覧表示されてしまいます。

3.Gmailアカウントの設定

・アカウントの管理画面
w10p303_convert_20160115144922.png 次にGmailの設定をします。

1)3ドットメニューボタンをタップ⇒「アカウントの管理」をタップ⇒「アカウントの管理」画面になります。

2)「Gmail」の部分をタップ⇒「Gmailアカウントの設定」画面になります。

※この画面で「受信トレイのリンク」をタップするとGmailとOutlookを同時に閲覧できるように設定できます。
ただし、Gmailで受信したかOutlookで受信したかはわからないようです。

・Gmailアカウントの設定画面
w10p304_convert_20160115150150.png
・新しいメールをダウンロードする頻度
w10p305s_convert_20160115150207.png
・連絡先とカレンダーの同期
w10p306s_convert_20160115150224.png
・ダウンロードするメールの期間
w10p307s_convert_20160115150241.png

4.メールの作成

最後にメールの作成もきちんとできることを確認しておきます。

w10p311_convert_20160115151943.png 一番下にあるメニューバーの「+」新規作成をタップするとメール作成画面になるので、宛先・件名・メール本文を入力して送信できます。

※差出人は、Gmailのアカウントになっているので、まったく問題なくメール送信ができます。


★★付録:Outlookメールの設定★★

・Outlookメールのの設定画面
w10p312_convert_20160115161320.png ・アカウントの管理
・個人用設定
・クイック操作
・自動応答
・閲覧
・署名
・通知
・スレッド
・メールセキュリティ
w10p320s_convert_20160115162734.png
・ヘルプ
・セキュリティセンター
・フィードバック
・バージョン情報
w10p319s_convert_20160115162506.png

1)アカウントの管理
w10p324_convert_20160116081217.png ・アカウント各々の設定ができます。

・受信トレイに同時に複数のアカウントの受信メールを表示する設定ができます。

・アカウントの追加ができます。

2)個人用設定
w10p314_convert_20160115161633.png ・受信トレイの背景を設定できます。

・受信トレイで、未読を識別するときの色を設定できます。

3)クイック操作
w10p315_convert_20160115161657.png ・受信トレイで、受信メール部分を左右にスワイプしたときの動作を設定できます。

《設定できる動作》
w10p325s_convert_20160116095840.png

4)自動応答
w10p316_convert_20160115163056.png ※自動応答とは、メールを受信したときに、自動的に返信する機能です。
Outlookメールのみの対応になります。

5)閲覧
w10p317_convert_20160115163114.png ・外部コンテンツを「オン」にすると、受信メールに画像が埋め込まれているときに、メールと同時にダウンロードしてくれます。

6)署名
w10p318_convert_20160115161719.png ・メール本文の後に表示する固定文言の設定ができます。
※アカウントごとにも、アカウント共通でも設定できます。

7)通知
w10p321_convert_20160115163531.png ・メールを受信したときに、アクションセンターに表示するかどうかの設定ができます。

8)スレッド
w10p322_convert_20160115163549.png ・スレッドをオンにすると件名ごとに表示してくれます。

9)セキュリティセンター
w10p323_convert_20160115163607.png ・「オン」にすると、『Microsoft が提供するオンライン サービス、サイト (Bing 地図、Insights、Bing 天気など) に接続されます。』ということらしいです。

Googleカレンダーは、「Outlookカレンダー」を使って閲覧することができます。
「Outlookメール」おいて、Googleアカウントでログインしたときに、Googleカレンダーの情報は同期されているので、「Outlookカレンダー」を起動すれば、Googleカレンダーの予定は、既に反映されています。

以上

関連記事
カテゴリ :Windows10 トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
当ブログ紹介アプリ(リンク)
■■記事一覧へ

◆ZenFone2の使い方
 ★ZenFone独自機能
  ・ZenMotion・View Flip Cover
  ・SnapView
  ・クイック設定
  ・ロック画面
 ★ASUS独自アプリ
  ・ASUS Launcher
  ・ASUS Browser
◆Tasker(タスカー)入門
・導入基礎編
・実践編(具体例10)
◆マルチブート(MultiROM)
・Nexus7(2012)
・HTC J Butterfly
◆root化(&ROM焼き)
・HTC J Butterfly
・Xperia UL SOL22
・Nexus7(2012)Lollipopバージョン
・Nexus7(2012)Kitkatバージョン
・HTC Desire HD(softbank 001HT)
・ASUS Eee Pad Transformer TF101
・Titanium Backup
◆ホームアプリの設定・使い方・カスタマイズ・比較
・Launcher8
・機能・設定・使い方徹底比較
 ・Nova Launcher Prime
 ・Apex Launcher Pro
・機能比較その3(nexus7)
 ・Nova Launcher
 ・Apex Launcher
 ・Holo Launcher HD
・ADW.Launcher
・Zeam Launcher
・Holo Launcher
・ssLauncher
・Lightning Launcher
・Launcher7
・Espier Launcher
・機能比較その1
 ・Zeam Launcher
 ・ssLauncher
 ・Lightning Launcher
 ・Launcher7
 ・ストイックホーム
 ・MXHome
・機能比較その2
 ・ストイックホーム
 ・DT Home
 ・ecohome

◆ホーム画面をスッキリさせるウィジェット
・Launcher-X(Free)
・Popup Widget
・InstaDock
・Folder Organizer lite

◆ライブ壁紙
・DIGI Clock Live Wallpaper Free

◆ホーム管理アプリ(ホーム切換え)
・Home Manager
・Home Switcher for Froyo

◆ドロワーアプリ(アプリ一覧表示)
・機能比較
 ・AppDrawer
 ・Organized Drawer
 ・Faster Drawer
 ・eyeLauncher

◆タスク切換え
・SwitchApps
・TaskSwitch

◆2chブラウザ
・2chMate
・2chGear
・En2ch
・機能比較

◆番外
・クレジットカードや銀行口座がなくてもアプリを購入する方法
・Vプリカ編
・ギフトカード編

他ブログリンク
月別アーカイブ
訪問者数(累計)

現在の訪問者数
現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示
カテゴリ
広告
◆2016 年 3 月 4 日 (金) より、Surface 新生活応援キャンペーンを実施しております。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

【2015年閲覧Top10】
(1)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その2)最初にすること-独自カスタマイズ編(前半)

(2)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その1)最初にすること-セットアップ・システム更新・アプリ更新編

(3)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その3)最初にすること-独自カスタマイズ編(後半)

(4) 【Nexus 7(2012)】『Nexus Root Toolkit v1.9.3』 を使ったroot化に挑戦(Kitkat編)

(5) 【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その8)最初にすること-ロック画面の設定について

(6)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(7) 【Nexus 7(2012)】root化したNexus7(Kitkat)にLollipopへのアップデートをして再びroot化してみました。

(8)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(9)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その4) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUS Launcher」の使い方(前半:ホーム画面編)

(10)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その7) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUSブラウザ」の使い方(+「Chrome」との棲み分けについて)

【2014閲覧トップ10】
(1)Tasker(タスカー)で自宅に居ることを判定する方法について、いろいろと試してたどり着いた結果、State Context「Wifi Near」を利用することにしました。

(2)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(3) AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-ドロワー編-

(4)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(5)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(6)【HTC Desire HD】(001HT)root化手順<unlock⇒flash Recovery⇒flash SuperSU>(1)-準備・知識習得編-

(7)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(8)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(9)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(10)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第3回

2013年ブログランキング
(1)クレジットカードがないのであきらめていましたが、Vプリカを使って初めて「Google Play」からでAndroidアプリを購入してみました。

(2)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(3)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(4)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(5)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(6)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(7)進化(深化)し続けるホームアプリ「Lightning Launcher」は、定番系メジャー「Nova」「Apex」を超えたか!!(フォルダ編)

(8)Androidホームアプリ「Lightning Launcher 3」は意外と奥の深いが慣れると非常に使いやすいホームアプリかも(Lightning Launcherの使い方1)

(9)ホーム画面をiPhone/iPad風に変えられて、さらにウィジェットも配置できる「Espier Launcher」はAndroidアプリの凄さの証明?!

(10)老舗の定番ホームアプリ「ADW.Launcher」が満を持して、ドロワーでのカテゴリ分けに優れたICSスタイルにメジャーアップデートしました。-第1回スクリーン編-