【Windows 10 mobile アプリ】 ブラウザアプリ Microsoft謹製「Edge」の使い方--(付録:検索エンジンを「Google」に変更する方法)

2016-01-31
※以下の記事は【KATANA02】を使用したものです。

Windows 10 mobile には、ブラウザアプリとしてMicrosoft謹製の「Edge」がプリインストールされています。

残念ながら、「Chrome」は、Googleから提供されていないので、ブラウザアプリは、「Edge」かサードパティ提供のものになってしまいます。

サードパティのブラウザアプリの中で、これはという評判の高いアプリも伝わってこないので、今のところは「Edge」頼みになります。

ということで、「Edge」の操作性・機能性等をAndroidの「Chrome」とちょっと比較しながら検証したいと思います。





0.Edgeのユーザーインターフェイスと画面遷移

edge015b_convert_20160130124016.png
edge016b_convert_20160130124031.png

・「Edge」を起動したときに表示される画面は、「Edge」を終了したときの画面(URL)のようです。 他のブラウザでいうホームページの考え方がいまのところないようです。

1.検索の仕方について

edge002_convert_20160119111153.png 検索は、①アドレスバーをタップして、②検索文字を入力して、③エンターをタップします。

 edge001_convert_20160119111136.png

または、タブ画面で「+」をタップすると検索画面になって、アドレスバーに検索文字を入力することで検索ができます。

検索エンジンを「Google」に変更する方法について

検索エンジンのデフォルト設定は「Bing」ですが、「Google」に変更することは可能です。

①「3ドットメニュー」ボタンをタップ
②「設定」をタップ
③「設定詳細を表示」をタップ(検索エンジンとして「Bing」が設定されていることを確認できます。)
④「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」の下にある「変更」をタップして、【検索エンジンの変更】画面にします。
(この時点では、選択できる検索エンジンは「Bing」だけです。)

edge003_convert_20160119115101.png

・Google検索画面
edge004_convert_20160119115549.png ⑤「Google」が検索エンジンの候補になるように、Edgeに戻って、「google」で検索して、Google検索の画面を表示します。

⑥【検索エンジンの変更】画面を表示すると、Googleが検索エンジンとして自動検出されてます。

・検索エンジンの変更画面
edge005s_convert_20160119120824.png

⑦「Google」をタップして「既定に設定」をタップします。

・設定詳細画面
edge006_convert_20160119121708.png ⑧【設定詳細】画面に戻って、検索エンジンが「Google」に変更になったことを確認します。

★音声入力について
edge010_convert_20160121142226.png ・「Cortana」を有効にすると音声入力が可能になります。

・アドレスバーをタップするとキーボードの上に「マイク」マークが表示されるので、それをタップして音声入力します。

※検索に関して、その操作性・機能性は、「Chrome」と比較してそれほど大差ありませんでした。

2.タブの操作について

アドレスバーの左にある「タブ」ボタンをタップすると【タブ】管理(タブの一覧表示)画面になります。

・タブ管理画面
edge007_convert_20160119135839.png 1)新しいタブを開く
①【タブ】管理画面で、メニューバーにある「+」をタップすると検索画面になります。
※InPrivateで新しいタブを開く場合は、②3ドットメニューボタンをタップして、「新しいInPrivateタブ」をタップします。
edge008s_convert_20160119143119.png

2)タブを閉じる
・【タブ】管理画面で、閉じたいタブの右上にある「×」をタップします。
※すべて一度にタブを閉じたい場合は、3ドットメニューボタンをタップして、「すべてのタブを閉じる」または「すべてのInPrivateタブを閉じる」をタップします。

3)タブの切り替え
・【タブ】管理画面で、切り替えたいタブ上をタップします。(再読込します)

※ページの切り替え
ナビゲーションバーにある「戻る」ボタンで、前に表示されたページには戻ることができます。(進むことはできません)

※「Chrome」と比較して、「タブ」ボタンが画面の左下にあることは評価できますが、ページの切り替えに難があります。 また、新しいタブを開いたときに真っ白な検索画面になり、「Chrome」のようにブックマークや履歴の画面にならないのもいただけないです。

3.ユーザーエージェントについて

・設定画面
edge009_convert_20160119172208.png ・【設定】画面の「Webサイトの優先設定」で、ユーザーエージェントを「デスクトップ」か「モバイル」かに設定できます。
・この設定は保持されます。

※「Chrome」は、ユーザーエージェントを切り替えることはできますが、保持できないので、この機能に関しては、「Edge」の方が優れています。

4.PCとの連携

edge011_convert_20160121142244.png

・お気に入り(ブックマーク)とリーディングリストが、PCと連携できます。

Chromeは、さらに「パスワード」「開かれているタブ」も同期できます。

5.セキュリティ

1)トラッキング拒否

・設定詳細画面
edge012_convert_20160121142300.png 【設定】画面⇒【設定詳細】画面で「トラッキング拒否要求を送信する」を「オン」にします。

2)プライベートプラウジング

・可能です。

3)データ消去

・設定画面
edge013_convert_20160121142315.png 【設定】画面で、『クリアするデータを選択』をタップ⇒【閲覧データクリア】画面へ

・閲覧データクリア画面
edge014_convert_20160121142330.png ・クリアするデータにチェックを入れて、『クリア』をタップします。

※セキュリティに関しては、「Chrome」と大差ないと感じました。

★★総評として

・WindowsPCの「Edge」をまだ利用したことがないので、Windows phone版と同程度の操作性・機能性に違いがあるかわかりませんが、スマートフォン向けの他のメジャーなブラウザアプリと比較して、操作性・機能性に劣る部分があるのは否めないと思います。

Windows phoneで利用できるメジャーなブラウザアプリは「Edge」だけなので、Windows phone発展のためにも、もう少しMicrosoftに頑張ってもらいたいところです。

また、Googleには、できるだけはやく「Chrome」の提供を要望して終わりたいと思います。





以上
関連記事
カテゴリ :Windows10 トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
当ブログ紹介アプリ(リンク)
■■記事一覧へ

◆ZenFone2の使い方
 ★ZenFone独自機能
  ・ZenMotion・View Flip Cover
  ・SnapView
  ・クイック設定
  ・ロック画面
 ★ASUS独自アプリ
  ・ASUS Launcher
  ・ASUS Browser
◆Tasker(タスカー)入門
・導入基礎編
・実践編(具体例10)
◆マルチブート(MultiROM)
・Nexus7(2012)
・HTC J Butterfly
◆root化(&ROM焼き)
・HTC J Butterfly
・Xperia UL SOL22
・Nexus7(2012)Lollipopバージョン
・Nexus7(2012)Kitkatバージョン
・HTC Desire HD(softbank 001HT)
・ASUS Eee Pad Transformer TF101
・Titanium Backup
◆ホームアプリの設定・使い方・カスタマイズ・比較
・Launcher8
・機能・設定・使い方徹底比較
 ・Nova Launcher Prime
 ・Apex Launcher Pro
・機能比較その3(nexus7)
 ・Nova Launcher
 ・Apex Launcher
 ・Holo Launcher HD
・ADW.Launcher
・Zeam Launcher
・Holo Launcher
・ssLauncher
・Lightning Launcher
・Launcher7
・Espier Launcher
・機能比較その1
 ・Zeam Launcher
 ・ssLauncher
 ・Lightning Launcher
 ・Launcher7
 ・ストイックホーム
 ・MXHome
・機能比較その2
 ・ストイックホーム
 ・DT Home
 ・ecohome

◆ホーム画面をスッキリさせるウィジェット
・Launcher-X(Free)
・Popup Widget
・InstaDock
・Folder Organizer lite

◆ライブ壁紙
・DIGI Clock Live Wallpaper Free

◆ホーム管理アプリ(ホーム切換え)
・Home Manager
・Home Switcher for Froyo

◆ドロワーアプリ(アプリ一覧表示)
・機能比較
 ・AppDrawer
 ・Organized Drawer
 ・Faster Drawer
 ・eyeLauncher

◆タスク切換え
・SwitchApps
・TaskSwitch

◆2chブラウザ
・2chMate
・2chGear
・En2ch
・機能比較

◆番外
・クレジットカードや銀行口座がなくてもアプリを購入する方法
・Vプリカ編
・ギフトカード編

他ブログリンク
月別アーカイブ
訪問者数(累計)

現在の訪問者数
現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示
カテゴリ
広告
◆2016 年 3 月 4 日 (金) より、Surface 新生活応援キャンペーンを実施しております。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

【2015年閲覧Top10】
(1)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その2)最初にすること-独自カスタマイズ編(前半)

(2)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その1)最初にすること-セットアップ・システム更新・アプリ更新編

(3)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その3)最初にすること-独自カスタマイズ編(後半)

(4) 【Nexus 7(2012)】『Nexus Root Toolkit v1.9.3』 を使ったroot化に挑戦(Kitkat編)

(5) 【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その8)最初にすること-ロック画面の設定について

(6)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(7) 【Nexus 7(2012)】root化したNexus7(Kitkat)にLollipopへのアップデートをして再びroot化してみました。

(8)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(9)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その4) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUS Launcher」の使い方(前半:ホーム画面編)

(10)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その7) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUSブラウザ」の使い方(+「Chrome」との棲み分けについて)

【2014閲覧トップ10】
(1)Tasker(タスカー)で自宅に居ることを判定する方法について、いろいろと試してたどり着いた結果、State Context「Wifi Near」を利用することにしました。

(2)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(3) AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-ドロワー編-

(4)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(5)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(6)【HTC Desire HD】(001HT)root化手順<unlock⇒flash Recovery⇒flash SuperSU>(1)-準備・知識習得編-

(7)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(8)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(9)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(10)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第3回

2013年ブログランキング
(1)クレジットカードがないのであきらめていましたが、Vプリカを使って初めて「Google Play」からでAndroidアプリを購入してみました。

(2)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(3)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(4)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(5)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(6)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(7)進化(深化)し続けるホームアプリ「Lightning Launcher」は、定番系メジャー「Nova」「Apex」を超えたか!!(フォルダ編)

(8)Androidホームアプリ「Lightning Launcher 3」は意外と奥の深いが慣れると非常に使いやすいホームアプリかも(Lightning Launcherの使い方1)

(9)ホーム画面をiPhone/iPad風に変えられて、さらにウィジェットも配置できる「Espier Launcher」はAndroidアプリの凄さの証明?!

(10)老舗の定番ホームアプリ「ADW.Launcher」が満を持して、ドロワーでのカテゴリ分けに優れたICSスタイルにメジャーアップデートしました。-第1回スクリーン編-