色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

2013-03-20
「Launcher8」(Ver.1.2.7.2)は、Windows風を意識していますが、スマートフォン画面を色鮮やかに飾ることができるタイル型ホームアプリであり、ドック機能はありませんがホームアプリの基本はきちんと押えたオーソドックスなホームアプリでもあります。

AndroidOS2.X(GingerBread)でも充分に機能するので、ちょっと気分を明るく変えたいときに使ってみてはどうでしょうか。

・スポンサーリンク
★★★★インストール直後のデフォルトホーム画面

Lan8001_convert_20130320114653.png デフォルト画面を見ただけで非常に新鮮な感じがします。

デフォルトのままでも使用できますが、アイテム(アプリ等)が登録されていないタイルがあるので、設定が必要になります。

※アイテムが登録されていないタイルをタップすると設定画面が表示されます。
(アイテムが予め登録されているとそのアイテムが起動します。)

まずは、タイルに設定されているアプリを確かめてください。


★★★アイテムの登録方法

・タイル設定画面
Lan8002_convert_20130320131235.png デフォルトの「カメラ」タイルを例にアイテムの登録の方法を紹介します。

・「カメラ」タイルをタップ⇒「Tile settings」画面⇒「Bind application」タップ⇒アプリ一覧画面⇒「カメラ」アプリをタップ

Lan8003_convert_20130320131210.png

「カメラ」アプリが登録できたので、「OK」をタップ⇒登録完了

Lan8004_convert_20130320131302.png


★★タイル設定画面(Tile settings)の説明

★アイコンの設定(Select pic)

Lan8005_convert_20130320140701.png 「Select pic」をタップすると左側の画面に、さらに画面を右にスクロールすると右側の画面になり、デフォルトのアイコンと写真が多数用意されています。(下にスクロールする)
また、「pic from phone」から、独自の写真も設定可能です。


★タイル名の編集(Tile name)

Lan8006_convert_20130320140750.png ・タイル名の位置と色を設定できます。

Lan8007_convert_20130320140815.png

※タイルの大きさが1×1だと名前は表示されないようデフォルト設定されています。


★アイコン位置の設定(Icon position):

Lan8008_convert_20130320142444.png ・タイル中央(Center)とタイル全体(Extrude)の2種類から選択できます。


★タイルの大きさの設定(Set tile size)

Lan8009_convert_20130320142515.png ・左記画面の通り、1×1から4×4までの16種類から選択できます。


★アイテム(アプリまたはショートカット)登録の方法(Bind application)

(上記で説明済みなので省略)

★タイルの色の設定(Tile background color)

Lan8010_convert_20130320144700.png 豊富な色が用意されています。(下にスクロールするともっとあります)

Lan8011_convert_20130320144725.png


★透明度の設定(Tile alpha)

Lan8012_convert_20130320154747.png ・背景の透明度(set background transparent)

・アイコンの透明度(set forground transparent)

・タイル名の透明度(set text transparent)

をそれぞれ設定できます。(100%が透明です。)


★通知の設定(Notification of tile)

lan8013_convert_20130320155824.png ・電話の不在着信数

・メール/メッセージの未読数

を表示することができます。


★★★★デスクトップの編集方法

★★タイルの編集

lan8014_convert_20130320162658.png タイルを長押しするとデスクトップの編集モードになり、デスクトップ全体のタイルが動き出します。

①:タイルの編集⇒「Tile settings」画面へ
②:タイルの削除
③:タイルの大きさ変更

※タイルの位置変更は、タイルを長押ししながらのドラッグ&ドロップで行います。

・[menu]⇒「Edit」でも編集モードになります。
Lan8015_convert_20130320163529.png


★★★アイテムの追加

Lan8016_convert_20130320164439.png アイテムの追加は
・[menu]⇒「Add」で左記の画面へ

追加できるアイテムは

・ウィジェット(Add Widgets)
・アプリ(Add apps)
・ショートカット(Add Shortcuts)
・独自アイテム(Add others)
・フォルダ(New folder)

になります。


★★独自アイテムの設定

Lan8017_convert_20130320173022.png 独自アイテムには

・スクリーンロック
・時計ウィジェット
・コンタクト
・ギャラリー(写真のスライドショー)

が用意されています。

※バッテリー消費が激しいと思われるので利用しない方がいいかも。


★★フォルダへのアイテムの追加

Lan8018_convert_20130320182901.png ・アイテムの追加から「New folder」を選択
・デスクトップにフォルダのタイルが出現
・そのタイルをタップ⇒「フォルダのアイテム追加」画面(左図上段)

・「Add apps」をタップ⇒「Select app」画面(左図中段)
・アプリを選択⇒「戻る」ボタンタップ

・選択したアプリを表示した「フォルダのアイテム追加」画面(左図下段)

・「戻る」ボタンタップ⇒デスクトップへ(下図)
Lan8019_convert_20130320182924.png

・タイルをタップ⇒フォルダが展開される。
Lan8020_convert_20130320182945.png




-了-

・スポンサーリンク
関連記事
カテゴリ :ホームアプリ Launcher7 Launcher8 トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
当ブログ紹介アプリ(リンク)
■■記事一覧へ

◆ZenFone2の使い方
 ★ZenFone独自機能
  ・ZenMotion・View Flip Cover
  ・SnapView
  ・クイック設定
  ・ロック画面
 ★ASUS独自アプリ
  ・ASUS Launcher
  ・ASUS Browser
◆Tasker(タスカー)入門
・導入基礎編
・実践編(具体例10)
◆マルチブート(MultiROM)
・Nexus7(2012)
・HTC J Butterfly
◆root化(&ROM焼き)
・HTC J Butterfly
・Xperia UL SOL22
・Nexus7(2012)Lollipopバージョン
・Nexus7(2012)Kitkatバージョン
・HTC Desire HD(softbank 001HT)
・ASUS Eee Pad Transformer TF101
・Titanium Backup
◆ホームアプリの設定・使い方・カスタマイズ・比較
・Launcher8
・機能・設定・使い方徹底比較
 ・Nova Launcher Prime
 ・Apex Launcher Pro
・機能比較その3(nexus7)
 ・Nova Launcher
 ・Apex Launcher
 ・Holo Launcher HD
・ADW.Launcher
・Zeam Launcher
・Holo Launcher
・ssLauncher
・Lightning Launcher
・Launcher7
・Espier Launcher
・機能比較その1
 ・Zeam Launcher
 ・ssLauncher
 ・Lightning Launcher
 ・Launcher7
 ・ストイックホーム
 ・MXHome
・機能比較その2
 ・ストイックホーム
 ・DT Home
 ・ecohome

◆ホーム画面をスッキリさせるウィジェット
・Launcher-X(Free)
・Popup Widget
・InstaDock
・Folder Organizer lite

◆ライブ壁紙
・DIGI Clock Live Wallpaper Free

◆ホーム管理アプリ(ホーム切換え)
・Home Manager
・Home Switcher for Froyo

◆ドロワーアプリ(アプリ一覧表示)
・機能比較
 ・AppDrawer
 ・Organized Drawer
 ・Faster Drawer
 ・eyeLauncher

◆タスク切換え
・SwitchApps
・TaskSwitch

◆2chブラウザ
・2chMate
・2chGear
・En2ch
・機能比較

◆番外
・クレジットカードや銀行口座がなくてもアプリを購入する方法
・Vプリカ編
・ギフトカード編

他ブログリンク
月別アーカイブ
訪問者数(累計)

現在の訪問者数
現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示
カテゴリ
広告
◆2016 年 3 月 4 日 (金) より、Surface 新生活応援キャンペーンを実施しております。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

【2015年閲覧Top10】
(1)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その2)最初にすること-独自カスタマイズ編(前半)

(2)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その1)最初にすること-セットアップ・システム更新・アプリ更新編

(3)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その3)最初にすること-独自カスタマイズ編(後半)

(4) 【Nexus 7(2012)】『Nexus Root Toolkit v1.9.3』 を使ったroot化に挑戦(Kitkat編)

(5) 【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その8)最初にすること-ロック画面の設定について

(6)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(7) 【Nexus 7(2012)】root化したNexus7(Kitkat)にLollipopへのアップデートをして再びroot化してみました。

(8)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(9)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その4) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUS Launcher」の使い方(前半:ホーム画面編)

(10)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その7) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUSブラウザ」の使い方(+「Chrome」との棲み分けについて)

【2014閲覧トップ10】
(1)Tasker(タスカー)で自宅に居ることを判定する方法について、いろいろと試してたどり着いた結果、State Context「Wifi Near」を利用することにしました。

(2)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(3) AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-ドロワー編-

(4)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(5)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(6)【HTC Desire HD】(001HT)root化手順<unlock⇒flash Recovery⇒flash SuperSU>(1)-準備・知識習得編-

(7)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(8)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(9)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(10)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第3回

2013年ブログランキング
(1)クレジットカードがないのであきらめていましたが、Vプリカを使って初めて「Google Play」からでAndroidアプリを購入してみました。

(2)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(3)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(4)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(5)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(6)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(7)進化(深化)し続けるホームアプリ「Lightning Launcher」は、定番系メジャー「Nova」「Apex」を超えたか!!(フォルダ編)

(8)Androidホームアプリ「Lightning Launcher 3」は意外と奥の深いが慣れると非常に使いやすいホームアプリかも(Lightning Launcherの使い方1)

(9)ホーム画面をiPhone/iPad風に変えられて、さらにウィジェットも配置できる「Espier Launcher」はAndroidアプリの凄さの証明?!

(10)老舗の定番ホームアプリ「ADW.Launcher」が満を持して、ドロワーでのカテゴリ分けに優れたICSスタイルにメジャーアップデートしました。-第1回スクリーン編-