【具体例によるTasker(タスカー)入門シリーズ(1)】Scene(シーン)を利用して、ブラウザのブックマークもどきを作ってみました。階層は無限にできます。-1回目-

2013-10-06
最近、iPhone5を手に入れたので、Androidスマートフォンといろいろと比較していますが、カスタマイズ派にとっては圧倒的にAndroid端末の方が面白いです。

iPhone5をいじっていて、ちょっといい機能だなと思ったのが、「Safari」におけるURLのショートカット機能です。
Androidでは、ブックマークウィジェットに相当するのでしょうが、ホーム画面に簡単にURLのショートカットアイコンを置くことができ、そのアイコンをタップするとダイレクトにホームページが表示されます。

Taskerタスカー)のActions(アクション)にも同じ機能があるので、その機能とTaskerタスカー)のScene(シーン)を利用してブラウザブックマークウィジェットもどきを作成してみました。

※使用したAndroid端末は、「HTC J Batterfly」です。
Taskerはデバイスによる個体差があるので注意。



★★★ブックマークウィジェットもどきの完成形

SBM024_convert_20131006103945.png

・URLのスクリーンショットをタップするとデフォルト指定のブラウザが起動して、そのURLを表示します。
・左画面の「フォルダ」をタップすると右画面になります。

★作成手順

Scene(シーン)を作成
Scene(シーン)の中にElement(要素)を配置
Element(要素)にEvent(イベント)を設定
Scene(シーン)を実行するTask(タスク)を設定

※①②③-1回目  ②④-2回目

★★★Scene(シーン)の作成

Scene Edit(シーン編集)の初期画面
SBM001_convert_20131005193512.png ・シーンの名称とシーンの大きさ(縦×横:ピクセル単位)がメニューバーに表示されています。
・ツールバーにある虫眼鏡アイコンが「+」になっています。

シーン編集画面にするには
Taskerのメイン画面より「SCENES」タブをタップ
・ツールバーの「+」ボタンをタップ
・「New Scene Name」にScene(シーン)の名称を入力(ここでは「BM」)→「レ」タップ


・Scene(シーン)の大きさを設定
SBM002_convert_20131005193616.png ・Scene(シーン)の大きさは境界線をタッチ&ドラッグ(白い線に変わる)することで設定できます。

・虫眼鏡アイコンをタップする(「-」表示)と編集モードになってElement(要素)を配置できるようになります。
SBM004_convert_20131006063036.png ←編集モードの画面

ツールバーのボタンが変わります。


★★★Element(要素)の配置

★★Element(要素)の選択

・編集モード画面
SBM003_convert_20131006063054.png ・ツールバーの「+」ボタンをタップ(または画面を長押し)
・ポップアップメニューから「Image」を選択→Element Edit画面へ
SBM005_convert_20131006064356.png

・一旦なにもしないで「戻る」ハードボタンをタップ→Scene Edit画面に戻る


★★Element(要素)の位置と大きさを設定

Element(要素)が画面中央にデフォルトの大きさで作成されているので、位置と大きさをカスタマイズします。

・Scene Edit(シーン編集)画面(再び)
SBM006_convert_20131006064418.png ・ツールバーの「指差し」ボタンをタップ→「Touch Mode」のホップアップメニューが表示されるので、「Move」「Resize」を利用して、位置と大きさを決めます。

SBM023_convert_20131006102922.png


・Touch Mode:Resize
SBM008_convert_20131006070704.png ・画面の上下左右に三角ボタンが表示されます。
・Element(要素)の枠内をタップ→枠がオレンジ色に→三角ボタンをタップして大きさを決めます。
・メーニューバーに大きさ(縦×横:ピクセル単位)が表示されます。
・Touch Mode:Move
SBM009_convert_20131006071458.png ・画面の上下左右に三角ボタンをタップして位置を決めます。
・メーニューバーにElement(要素)の中央位置(縦,横)が表示されます。

★★Element(要素)の編集

・Elementの編集画面-UIタブ
SBM010_convert_20131006074418.png ・Image(画像)を決めます。
・「Image Select」画面から適宜選択します。

SBM011_convert_20131006075406.png

ブックマークなのでURLページのスクリーンショットを予め用意して置くといいでしょう


・画像を選択したところ
SBM012_convert_20131006075424.png

★★★Element(要素)のEvent(イベント)の設定

Element(要素)をタップしたときに、画像のホームページがブラウジングできるようにActionを設定します。

・Elementの編集画面-TAPタブ
SBM013_convert_20131006082131.png ・「+」ボタンをタップ→「Action Category」選択画面で「Net」を選択→「Net Action」選択画面で「Browser URL」を選択
SBM014_convert_20131006084315.png


Action Edit画面-Browser URL
SBM015_convert_20131006084902.png ・ブラウジングするURLを入力
SBM016_convert_20131006084922.png

「戻る」ハードボタンをタップ→Elementの編集画面-TAPタブへ


・Elementの編集画面-TAPタブ(再び)
SBM017_convert_20131006094621.png このままだとScene(シーン)が実行状態のままになるのでブラウザ起動後に非実行状態に(破壊)します。

・「+」ボタンをタップ→「Action Category」選択画面で「Scene」を選択→「Scene Action」選択画面で「Destroy Scene」を選択
SBM018_convert_20131006094651.png


・Action Edit画面-Destroy Scene
SBM020_convert_20131006100615.png ・破壊するScene(シーン)の名称を入力
SBM019_convert_20131006095953.png

「戻る」ハードボタンをタップ→Elementの編集画面-TAPタブへ
SBM021_convert_20131006100043.png
さらに「戻る」ハードボタンをタップ

・Scene Edit(シーン編集)画面
SBM022_convert_20131006100103.png これで、一つ目のElement(要素)の設定が完了しました。

以下、同じ方法でElement(要素)を増やしていきます。

※楕円形のElement(要素)については、2回目で紹介します。


-了-



関連記事
カテゴリ :Tasker実践編 トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >>
当ブログ紹介アプリ(リンク)
■■記事一覧へ

◆ZenFone2の使い方
 ★ZenFone独自機能
  ・ZenMotion・View Flip Cover
  ・SnapView
  ・クイック設定
  ・ロック画面
 ★ASUS独自アプリ
  ・ASUS Launcher
  ・ASUS Browser
◆Tasker(タスカー)入門
・導入基礎編
・実践編(具体例10)
◆マルチブート(MultiROM)
・Nexus7(2012)
・HTC J Butterfly
◆root化(&ROM焼き)
・HTC J Butterfly
・Xperia UL SOL22
・Nexus7(2012)Lollipopバージョン
・Nexus7(2012)Kitkatバージョン
・HTC Desire HD(softbank 001HT)
・ASUS Eee Pad Transformer TF101
・Titanium Backup
◆ホームアプリの設定・使い方・カスタマイズ・比較
・Launcher8
・機能・設定・使い方徹底比較
 ・Nova Launcher Prime
 ・Apex Launcher Pro
・機能比較その3(nexus7)
 ・Nova Launcher
 ・Apex Launcher
 ・Holo Launcher HD
・ADW.Launcher
・Zeam Launcher
・Holo Launcher
・ssLauncher
・Lightning Launcher
・Launcher7
・Espier Launcher
・機能比較その1
 ・Zeam Launcher
 ・ssLauncher
 ・Lightning Launcher
 ・Launcher7
 ・ストイックホーム
 ・MXHome
・機能比較その2
 ・ストイックホーム
 ・DT Home
 ・ecohome

◆ホーム画面をスッキリさせるウィジェット
・Launcher-X(Free)
・Popup Widget
・InstaDock
・Folder Organizer lite

◆ライブ壁紙
・DIGI Clock Live Wallpaper Free

◆ホーム管理アプリ(ホーム切換え)
・Home Manager
・Home Switcher for Froyo

◆ドロワーアプリ(アプリ一覧表示)
・機能比較
 ・AppDrawer
 ・Organized Drawer
 ・Faster Drawer
 ・eyeLauncher

◆タスク切換え
・SwitchApps
・TaskSwitch

◆2chブラウザ
・2chMate
・2chGear
・En2ch
・機能比較

◆番外
・クレジットカードや銀行口座がなくてもアプリを購入する方法
・Vプリカ編
・ギフトカード編

他ブログリンク
月別アーカイブ
訪問者数(累計)

現在の訪問者数
現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示
カテゴリ
広告
◆2016 年 3 月 4 日 (金) より、Surface 新生活応援キャンペーンを実施しております。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

【2015年閲覧Top10】
(1)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その2)最初にすること-独自カスタマイズ編(前半)

(2)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その1)最初にすること-セットアップ・システム更新・アプリ更新編

(3)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その3)最初にすること-独自カスタマイズ編(後半)

(4) 【Nexus 7(2012)】『Nexus Root Toolkit v1.9.3』 を使ったroot化に挑戦(Kitkat編)

(5) 【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その8)最初にすること-ロック画面の設定について

(6)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(7) 【Nexus 7(2012)】root化したNexus7(Kitkat)にLollipopへのアップデートをして再びroot化してみました。

(8)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(9)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その4) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUS Launcher」の使い方(前半:ホーム画面編)

(10)【SIMフリースマートフォン】「ZenFone2」の使い方(その7) ASUS独自プリインホームアプリ「ASUSブラウザ」の使い方(+「Chrome」との棲み分けについて)

【2014閲覧トップ10】
(1)Tasker(タスカー)で自宅に居ることを判定する方法について、いろいろと試してたどり着いた結果、State Context「Wifi Near」を利用することにしました。

(2)【Androidアプリ】【root化アプリ編】「Titanium Backup」の使い方(バックアップ編)

(3) AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-ドロワー編-

(4)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(5)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(6)【HTC Desire HD】(001HT)root化手順<unlock⇒flash Recovery⇒flash SuperSU>(1)-準備・知識習得編-

(7)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(8)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(9)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(10)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第3回

2013年ブログランキング
(1)クレジットカードがないのであきらめていましたが、Vプリカを使って初めて「Google Play」からでAndroidアプリを購入してみました。

(2)Google Tablet 「Nexus7」のホームアプリには何が最適か。Android OS 4.x向けの「Nova Launcher」「Apex Launcher」「Holo Launcher HD」を比較してみました。-デスクトップ編-

(3)神アプリをさがせ!! 2チャンネルブラウザ 2chMateの使い方 第1回

(4)Androidスマートフォンのホーム画面をカスタマイズして楽しんでしまおう。入門に適した「Zeam Launcher」の使い方(前編)

(5)AndroidOS4.0以上での有料版ホームアプリ「Nova Launcher Prime」と「Apex Launcher Pro」の機能・設定・使い方を徹底比較してみました。-デスクトップ編-

(6)色鮮やかなタイル型ホームアプリ「Launcher8」は、スマートフォン画面を見るのが楽しみになる基本をしっかり押えたアプリです。

(7)進化(深化)し続けるホームアプリ「Lightning Launcher」は、定番系メジャー「Nova」「Apex」を超えたか!!(フォルダ編)

(8)Androidホームアプリ「Lightning Launcher 3」は意外と奥の深いが慣れると非常に使いやすいホームアプリかも(Lightning Launcherの使い方1)

(9)ホーム画面をiPhone/iPad風に変えられて、さらにウィジェットも配置できる「Espier Launcher」はAndroidアプリの凄さの証明?!

(10)老舗の定番ホームアプリ「ADW.Launcher」が満を持して、ドロワーでのカテゴリ分けに優れたICSスタイルにメジャーアップデートしました。-第1回スクリーン編-